一般

FIW (完全絶縁皮膜線)とは

FIW (Fully Insulated Wire)  はスイッチングトランス等で多く使用されているTIW(三層絶縁線)の代替品です。仕上り外径の選択肢が多い事で、低価格で小型トランスが製造できる様になります。さらにTIWに比べ、巻線性、半田付け性が良い利点があります。


FIWは複数回の絶縁皮膜塗布工程を実施しており、皮膜絶縁を保証しています。


エレクトリゾーラのFIWはOBJT2に準拠し、MW85Cの承認を得ています。この数年間、自動車業界や電気・電子部品 (UL60950の様な要求なし)に納入実績があります。エレクトリゾーラのFIWは、MW85Cの規格承認を得ている為、UL 1446に規定される多くの絶縁皮膜システムとしても使用可能です。最終製品でFIWの使用を許可する規格、旧規格 IEC60950は2020年度末に新しい安全製品規格IEC 62368-1 3版が承認され置き換えられました。


FIW線

エレクトリゾーラのFIWは変性ポリウレタンP180(IEC60172準拠 温度指数 180℃ 2万時間 )をベースに開発されました。絶縁層が何層にも重ね塗りされ、高電圧均一性試験をインラインで実施、皮膜欠陥がない事を確認しながら製造されています。


FIWの皮膜厚みは 各種エナメルタイプ、グレードから選択可能です。FIW3は最も絶縁層が薄く、FIW9は最も絶縁層が厚い製品となります。


エレクトリゾーラの標準グレードはFIW 4とFIW 6としており、在庫を準備しています。このグレードは技術的パフォーマンスと手頃な価格のバランスが取れた製品となっています。

規格

FIWは多様な規格に準拠しています。基本的なエナメル線の国際規格 IEC や NEMAに加え、安全規格 , 旧規格IEC 60950, 左記の置換え規格となるIEC62368-1, UL 2353 に準拠しています。

さらに電源トランス規格(IEC 61558-1)の製品規格にも準拠しています。

製品

  • IEC 60317-56 及び 60317-0-7

  • NEMA MW85c

  • UL 2353

試験条件

  • IEC 60851

  • IEC UL 60950 付属書 U

  • IEC 61558-1

  • IEC 61558-2-16

  • UL 2353

FIWの優位性

  • 皮膜グレードが選択可能(異なる皮膜厚)により 小型トランスの最適化、コスト削減が可能
  • 優れた半田付け性
  • 優れた巻線性
  • 温度指数の180 °Cは UL60950 付属書Uの耐熱寿命特性に準拠、温度指数155 °C/130 °Cに於いては数値変換で実施。

  • UL 1446 規格に準拠した実績のある絶縁皮膜システムがエナメルワイヤ(UL規格準拠)に長年使用されています。

例 0.25mm FIW 6,390 °C, 2.4 秒で半田付け可能.

製造工程

基本的な製造工程は通常のエナメル線と似ています。 Goto  製造工程 しかし、FIWの皮膜は最大120層あり,仕上り外径が大きくなります。下記サンプルには複数のエナメル層を見やすくするため、エナメルに異なる色が付けられています。


0.25mm FIW7の多層絶縁皮膜層

更に、ワイヤ全長の皮膜欠陥がない事を保証する為、各製造ライン上に高電圧均一性試験器を設置しています。

梱包

FIWワイヤはヨーロッパ標準, またはアジア標準の巻枠に巻かれます。

Goto  巻枠/梱包.


在庫出荷

FIW線の多くは在庫から出荷します。Goto  サイズ表の灰色に塗られた呼び径 ,皮膜グレードの製品が通常、在庫がある製品になります。

技術データ

FIWの標準規格値

FIWの機械的性能、電気的性能、温度性能、その他(半田付性など)は 完全絶縁皮膜線規格 IEC 60317-56に示されています。

Goto  FIW . IEC 60317-56準拠

UL 2353はIEC 60950 付属書Uと似ていますが、主に短時間の電気的特性が記されています。


Goto  FIW  UL 2353準拠

新しい安全基準 IEC 62368-1 ではFIWワイヤに対し,電源トランスの安全性規格IEC 61558-2-16 (61558-1)を部分的に流用し,同様の品質要求を行なっています。

絶縁破壊電圧

FIWの絶縁破壊電圧値(BDV)はどの製品規格を適用するかによって計算値が異なります。

エナメル線のFIW規格を適用した場合(IEC 60317-0-7、 60317-56)、絶縁破壊電圧の計算値は 公称導体径と最小絶縁皮膜厚値により計算します。(最小絶縁皮膜厚 = 最小仕上り外径 – 公称導体径) 

Goto  BDV 計算. IEC 60317-0-7準拠

絶縁破壊電圧最小値はIEC 60317-56準拠

Goto  BDV(絶縁破壊電圧) IEC 60317-56準拠

電源トランスのFIW規格(IEC 61558-2-16)を適用した場合、最小皮膜厚計算方法が誤っており、最小絶縁皮膜厚が半分の値で計算されています。結果として絶縁破壊電圧値もおよそ半分で基準化されています。


IEC 61558-2-16は,前述の誤計算(絶縁破壊電圧の計算方法)等が訂正され、IEC 61558-1として改訂されています。改訂版の大きな変更点として 180 °Cで1分間、IEC 60317-0-7 規格値に係数0.85を掛けた絶縁耐力を維持する要求が加わりました。この絶縁耐力は室温での絶縁破壊電圧(rms)によって測定されます。

Goto  絶縁破壊電圧  IEC 61558-1準拠

IEC 62368はIEC 61558の絶縁破壊電圧値を参照していますが、IEC 61558とは異なり180 °Cでの試験は規格化していません。


Goto  最小絶縁皮膜電圧 IEC 62368準拠

Goto  異なる絶縁破壊電圧規格について


絶縁破壊電圧計算値

IEC 60317-0-7準拠した最小絶縁破壊電圧は公称導体径とFIWの皮膜グレードから計算できます。

Goto  BDV計算値

サイズ

FIWのグレードは裸銅線に塗られる皮膜量で決まります。

Goto  FIWのサイズ

公称導体径毎に最小絶縁破壊電圧、必要な絶縁皮膜厚(グレード)を下記リンクにある計算器で確認できます。

Goto  絶縁破壊電圧(BDV)/グレード計算器

質量 / 長さ

FIWは絶縁皮膜が厚い為、長さ及び質量の関係は標準エナメルワイヤと比べ大きく異なります。

公称導体径 0,071 - 0,710 mm 、仕上り外径FIW 3 - FIW 9(IEC 60317-56準拠)と1kg当たりの線長(km)の対比は下記リンクを参照ください。

Goto  FIW 線長表


公称導体径 、仕上り外径 絶縁皮膜厚(FIW 3 - FIW 9 :IEC 60317-56準拠)から算出される1km当たりの重量は下記リンクを参照ください。

Goto  FIW 質量表

FIW 質量、線長の対比は下記リンクの計算機で確認できます。 

Goto  線長/質量 計算器

認証

  • UL 絶縁システム UL 1446準拠
  • IEC 61558-2-16 電源トランス 安全規格(SMPS)はFIWの仕様、及びIEC 61558-1を参照しています。
  • 安全規格IEC 60950は 新規安全規格 IEC 62368-1に置換えられました。

  • Goto  RoHS

  • Goto  検査機関分析

  • Goto  REACH