標準 リッツ線

一般

リッツワイヤ(高周波製品用、過熱機器用)はどちらもエナメル銅線から作られています。 極細リッツ線は双方(高周波製品、加熱機器)の技術において周波数もしくはインピーダンスに関係なく解決策となりえます。電気的、機械的、コスト面については設計時に注意して検討する必要があります。

高周波製品でリッツ線の特徴と利点

  • 高周波損失の減少
  • コスト効果を考慮した設計
  • 抵抗値または周波数がリッツ構成に依存する。
  • 追加の多芯フィラメントで引張強度を向上
  • 高い導体断面積に必要な柔軟性

加熱機器での特徴と利点

  • 製造時の導体抵抗値が安定
  • 広範囲な用途(乾燥、加熱、暖熱)
  • 異なる導体材料の使用が可能で機械的な特性も良い
  • 高い熱安定性

標準 リッツ線の特性

特性 高周波製品 加熱機器
伝導率
抵抗
引張強度 低 - 中
曲げ性
突合せ溶接性
屈曲耐久性
一般的な導体材料 銅, 合金
一般的な絶縁被膜タイプ ポリウレタン, ポリエステルイミド ポリウレタン
単線の外径 0.010 - 0.700 mm
単線の本数 2 - 25,000 pcs
リッツ線径 0.095 - 20.00 mm
一般的な撚り線ピッチ:
単工程
複数工程

2.00 - 26.00
20.00 - 60.00

mm
mm

適用製品

  • 高周波トランス
  • チョーク
  • スイッチング電源
  • 医療用品
  • センサー
  • バラスト
  • 加熱機器の抵抗線
  • モータ