エレクトリゾーラ イノベーション

エレクトリゾーラ ヒストリー クリック

1966

業界初0.050mm 10kgワイヤ

1969

スイス工場にて0.010-0.030mm極細線生産開始

1970

エナメル焼付オーブンシステムに環境に優しい触媒を導入

1972

ドイツ工場にて初ロットブレーキング機械採用

1978

細線0.040-0.100mm用にバイコニカルスプールを開発

1983

インジェクションバルブ向けに最も抵抗値公差が狭いエナメル黄銅線を開発

1987

155度クラスのポリウレタンエナメル開発

1987

フォード社 Q1 認証

1989

コンピュータでインプロセス管理したエナメル焼付け装置を導入

1990

精密計量の滑剤塗布装置を導入し、高速巻線速度での巻線性向上及びアウトガス低減

1992

EAPC (Elektrisola Active Process Control)を導入。コンピュータにて重要工程パラメータをセンサーにてすべて管理し、オンラインにて品質保証

1993

単線エナメル焼付け装置にレーザー仕上外径測定器を導入し、厳しい公差でも保証

1993

180度クラスのポリウレタンエナメルを世界で最初に採用

1994

ISO 9002 初認証

1995

細線(例0.063mm)をスプール重量を27kgに増加

1996

ウィーン大学との共同研究の結果、リレー向けに滑剤フリーワイヤ(Gタイプ)開発

1997

QS 9000初認証

1997

スイスのHuber & Suhner and Polydrahtを買収

2002

テープリッツ線生産開始

2003

TS 16949 初認証

2003

スクエアーリッツ線導入

2003

0.045mmのスプール重量を20kgに増加

2005

C顧客から高品質太線ワイヤ要求により新型太線エナメル焼付け装置を開発及び導入

2006

インラインSPCデータが明記された新試験成績書導入

2006

Fully Insulated Wire (FIW)を開発し、IEC規格プロセスにて生産開始

2007

5.8 µmエナメル線製造に成功

2008

最大11mmまでの太いリッツ線製造

2012

ワイヤレス充電器向けスマートボンドリッツ線を開発