エレクトリゾーラグループの発展の歴史

 テクニカルイノベーションヒストリー ここをクリック
                        

1948年

ドイツでエレクトリゾーラ社設立 

 

エレクトリゾーラ社は1948年7月1日にDr. ゲルト・シルトバッハによりドイツ・エッケンハーゲンに設立されました。彼の父である工学博士Dr. リヒャルト・シルトバッハは当時すでにワイヤー産業に従事し電熱線を製造しており、1938年には当時世界最細線の0.008mmを伸線する世界記録を樹立しました。この線材技術力を基にDr. ゲルト・シルトバッハは自主開発の細線焼付機を開発、製造を始めました。この独自開発の製造技術はのちに世界規模で急速に発展するエレクトリゾーラ社細線製造の根幹をなすことになります。

 

 

創立者Dr. ゲルト・シルトバッハ1948年      ドイツ・エッケンハーゲンの最初の建屋1948年

 

1961年

イタリア工場:ドイツ国外の最初の工場 

 

新たな市場への参入により北イタリア南チロルアルプスにエレクトリゾーラ・アーテシナ

工場を作ることになりました。製造はここのドイツ語圏地区に1964年に始まりました。

 

エレクトリゾーラ・アーテシナ1、イタリア・ミューレンインタウファー

1968年

EFTA経済圏最初の工場

 

1957年から1960年までヨーロッパは二つの経済ブロックに分かれておりました。一つはEWG(ベルギー、フランス、ドイツ、イタリア、ルクセンブルク及びオランダ)、これらの国は1993年にEUとなりました。もう一つはEFTA(オーストリア、デンマーク、英国、ノルウェー、ポルトガル、スウェーデン、スイス)。これら二つの経済ブロック間では関税が引き上げられました。EFTA圏でのお客様に供給をするため1968年エレクトリゾーラ・ファインドラートがスイスに設立されました。


 

エレクトリゾーラ・ファインドラートAG、スイス・エショルツマット

1973年

イタリアの伸線工場 

 

イタリアでの製造量を上げるため1973年第一工場から約15㎞離れた場所に従業員が通勤に近くなるよう第二工場が稼働を始めました。この工場は伸線に特化した工場になっています。

 

エレクトリゾーラ・アーテシナ2、イタリア・ルタッハ

1976年

ヨーロッパ域外最初の工場 

 

60年代に入るとエレクトリゾーラは細線マグネットワイヤーを盛んにアメリカ合衆国内に輸出するようになります。増大するビジネス規模に対応し1976年ニューハンプシャー州ボスカワンに工場を建てます。この工場はすぐに北米最大の細線工場へと発展します。

 

エレクトリゾーラInc.、アメリカ合衆国・ニューハンプシャー・ボスカワン

1984年

アジア最初の営業子会社  


1980年代にはアジア市場への販売が新たな挑戦となりました。そのため1984年に販売子会社エレクトリゾーラ香港Ltd.が設立されました。

 
1993年

アジア最初の工場  

 

急速に拡大するアジア市場に現地で対応するため1993年エレクトリゾーラ(マレーシア)がマレーシア・ベントン近郊に稼働を始めました。

 

 

エレクトリゾーラ(マレーシア)Sdn. Bhd.、マレーシア・ベントン

1993年

グループ経営に世代交代 

 

Dr. ゲルト・シルトバッハはエレクトリゾーラグループ経営を二人の息子Dr. デトレフ・シルトバッハとDr. オリバー・シルトバッハに移管しました。

 

Dr. デトレフ・シルトバッハとDr. オリバー・シルトバッハ

1994年

日本の販売子会社 

 

日系企業のマグネットワイヤー需要の特にアジアに於ける重要性は、日本の中にあって販売促進支援を行うことが肝要との認識に至りました。そこで1994年日本エレクトリゾーラが販促商社として設立され、日本国内市場並びに全世界の日系顧客を支援する活動が始まりました。

1995年

メキシコ工場で北米増産  

 

1980年代後半になると北米における製造業が合衆国の南部及びメキシコに移管され始めました。これらの顧客サービスに対応するためエレクトリゾーラS.A.が1995年メキシコ・クワテモクに稼働を始めました。

 

エレクトリゾーラS.A. de C.V.、メキシコ・クワテモク

1999年

フランス販売子会社 

 

フランスのエレクトリゾーラ販売代理人の他界後エレクトリゾーラ・フランスが1999年パリの北西にマグネットワイヤーの販売を始めました。

 

1999年

韓国販売子会社 

 

1999年エレクトリゾーラ韓国が韓国市場のお客様支援のため設立されました。


 

2005年

最初の中国工場 


電子産業にとってグローバル化の枠組みの中での中国が非常に重要となりました。1982年以降マグネットワイヤーが中国に輸入されてから、2005年にはエレクトリゾーラ杭州が現地生産されたマグネットワイヤーによる供給を始めました。

 

エレクトリゾーラ杭州、中国人民共和国

2005

から2008年

さらに多くの販売子会社がアジアに設立  

 

アジアに於ける顧客サービス向上のため2005年にタイ営業所、2006年にインドネシアに販売子会社さらに2008年にはエレクトリゾーラインドが設立されました。