高周波リッツ線

高周波リッツ線は高周波もしくは加熱用途に使用される。極細リッツ線は周波数もしくはインピーダンス関係なく技術的な解決策を提案する。電気的、機械的、コスト面は設計時に注意して検討する必要がある。

 

 

高周波用途のリッツ線利点 用途                                           

• コスト効果設計

• RF トランス

• 抵抗値もしくは周波数に関連する構造

• チョーク

• 追加で張力緩和を使うことで引張強度を増加。

• 医療用途

• センサー

• バラスト

加熱用途のリッツ線利点

• スイッチング電源

• 加熱用途の抵抗線

• 正確な抵抗値

 

• 広範囲な用途(乾燥、加熱、暖熱)

• 弾力のある材料

 リッツ線特性

 

リッツ線の特性

 

高周波用途

 

加熱用途

 

伝導率
抵抗
引張強度低 - 中
ひも的動き
接合性
屈曲性

 

 

高周波用途の構成

リッツ線製品の構成は単線の撚り本数と各単線の径によって決まる。一般的に、当社では1回の工程で最大60本撚ることができる。リッツ線構成が60本以上の要求の場合、すでに撚った線を使って複数の工程で製造する。例:0.100mm 600本 リッツ線の場合、24 x 5 x 5 x 0.10 mmで構成される。

典型的な接合技術は半田付け、熱圧着、超音波溶接、電気抵抗溶接、火炎ロウ付けがある。

 

 寸法
 内容
    典型的な撚り長             
単線径                                                              0.010-0.500                                 mm   複数段階:  2 - 26 mm
単線撚り数                                                          2-25,000                                    pcs           単段階:   20 - 60 mm
リッツ線径                                                          0,095-10.0                                  mm       

 

 

 

接合技術                    

高周波用途

 

加熱用途

 

半田付け

熱圧着

超音波-

 火炎ロウ付け

-
 電気抵抗溶接

               

                撚り長の選択基準

 

                 • 撚り長が長いほど低コスト
 

                 • 撚り長が短いほど物理的硬さ増加
 

                 • 撚り長が短いほど接合性及び円状形が悪化
 

                

                  

 

                  

 

 

 "リッツ線の接続技術"