スマートボンド

マルチメディア機器用の製品へのワイヤレスチャージャーの導入が増加しています。エレクトリゾーラのスマートボンドOSP18はそれらの充電システムのニーズに応えるために開発されました。この自己融着リッツ線は、高い融着強度と優れた巻き線性、半田付け性、熱風融着特性も兼ね備えています。

熱風融着は製造スピードやプロセスの自動化などの利点から溶剤接着よりも好まれます。スマートボンドの高い融着強度により、一定のコイルの寸法及び特性を保証できるようになります。スマートボンド・リッツ線の構成を変えることで薄いコイルの製造や、製品の小型化も可能です。

一般的な製品の技術データ

一般的なリッツ線:

105 x 0.08 mm OSP18

リッツ線の外径:

1.05 to 1.15 mm (approx. AWG 18)

伸び:

10 %

耐熱温度:  

> 130°C

半田付け性:

4 sec. 秒 420°C

絶縁破壊電圧 (融着なし、ツイスト:

1,200 V

伸び:

18 %

耐軟化温度:

260°C

融着強度 (螺旋コイル):

1,700 cN after 180°C の熱風融着後

1,900 cN after 210°C の熱風融着後

リッツ線外径:

0.50 mm to 3.50 mm

単線の絶縁層:

変性ポリウレタン

P180 温度指数180°C (H)

リッツ線の融着層:

変性熱可塑性物質

融着温度:

> 170°C

認証:

UL

SGSデータ有

 

 

          利点         用途
  • 熱風融着での高い融着強度
  • モバイル機器の電力送電、受信コイル
  • 高速巻き線
  • ワイヤレスチャージャー
  • 絶縁層を取らずに半田付け可能
  • 様々なコアレス・コイル
  •  環境にやさしい。溶剤の排除による工程の自動化
  • 小さいコイル向けの薄皮膜が可能
  • 絶縁層の幅も顧客要求によりカスタマイズが可能。

 

 

 

 

  

基本的リッツ線繊維巻きリッツ線自己有着リッツ線スマートボンド

コイルの安定性

-良い良い
柔軟性と巻き線性軟らかい硬い軟らかい軟らかい
融着方法-溶剤熱風熱風
保護平均的良いAvg平均的良い
表面感触-荒いAvg平均的スムーズ

コイルの接着剤なしの融着

 

不可不可限定的

 

 

            リッツ線の径と銅充填率

                                                                         

             基本 = 100%

繊維巻き

  自己融着

スマートボンド

 

                                                                                                                

 

 

 コイル中の銅の密度%
 一般的外径%

 

 

 

 

 

 

 

 リッツ線の径と銅充填率

105 x 0,08リッツ線基本繊維巻き

自己融着

スマートボンド
一般的外径                      %10010910696
コイル中の銅の密度         %1009388112

 

 

 

 

ダウンロード

    

 

 

 

   ワイヤレスチャージャー向スマートボンド OSP18 データシート