エレクトリゾーラの高周波リッツ線

1951年よりエレクトリゾーラは高周波リッツ線をドイツのエッケンハーゲンの工場にて製造しています。お客様に対する柔軟な対応と、お客様への距離が近いことが弊社にとって重要な意味を持っているため、マレーシアおよび中国工場へと製造場所を拡大致しました。

1948年の設立当初からエレクトリゾーラは細線、極細線のエナメル線とリッツ線の開発・製造に専念してきました。わが社はリッツ線の設計やその構成技術に於いて広範な経験を有しており、お客様のリッツ線加工工程能力や最終用途にそれらがどのような影響を与えるかの知見を有しています。

幅広いリッツ線の種類と際限のない多様な設計

以下のような要素を選択することにより、リッツ線の構成をカスタマイズし、問題を解決することが可能です。

これらの仕様を独自に組み合わせることで、エレクトリゾーラはそれぞれのお客様に幅広いリッツ線品を供給することが可能となります。一般的な製品については在庫から、またはお客様の仕様に応じて製造し供給することが出来ます。

 

リッツ線の用途と需要

エレクトリゾーラのリッツ線は最先端で革新的な様々な用途に使用されています。エレクトリゾーラの柔軟なカスタマイズ設計や製造プロセス、安定した品質、短いリードタイムにより特に急速に発展している技術領域において高い競争力を持ちます。

 

エレクトリゾーラを高周波リッツ線のパートナーに

高周波リッツ線を使用することは、技術的に複雑な課題であり挑戦です。エレクトリゾーラのお客様には、最適なリッツ線の選択のためのエキスパートによる技術サポートや、短いサンプルのリードタイム、十分な製造キャパシティー、厚い品質保証といった多角的なサービスを提供します。